生スピルリナの秘めたパワー

スピルリナは、スーパーフードの一種です。スーパーフードとは、栄養価が高く、健康を維持していく上でからだに良いとされている食品のことです。他には、アサイー、カカオ、ココナッツオイル、チアシード、ザクロ、キヌアなどがあります。スピルリナは、0.3mmから0.5mmほどのらせん状の藻です。

35億年前から地球上に存在し、太陽光を浴び、光合成をして二酸化炭素を得ます。得た二酸化炭素と水を栄養分として育ちます。光合成のときに、植物と同様に酸素を発生させている環境にも優しい生物といえます。スピルリナに含まれるフィコシニアンという植物性の青色色素は、他の食材で摂取することはほとんどできません。

緑黄色野菜に含まれる黄色色素の一種であるβ-カロテン、光合成に必要なクロロフィルが豊富に含まれているため、緑黄色野菜が苦手な方にとって、スピルリナは嬉しい食材です。他に、必須アミノ酸全種、ビタミンB群、オメガ脂肪酸のy-リノレン酸などが含まれていて、その吸収率は約95%を誇ります。魅力の多いスピルリナを摂取するにあたり、おすすめなのは生スピルリナです。スピルリナに含まれる色素は、熱に弱いため、加熱処理されているとその栄養成分をしっかりと摂ることができません。

ネット通販で販売されている生スピルリナは、急速冷凍をほどこし、生の状態で商品化されています。スムージーショップでも生のスピルリナ入りのスムージーが販売されていますが、こちらは苦い独特の味がします。しかし、急速冷凍された生スピルリナは、ほとんど味がしないため、ジュースやヨーグルトに混ぜたり、ドレッシングに入れてサラダにかけて食べることもできます。スピルリナを摂ってみたいという人はぜひ、生スピルリナを選んでみてください。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*