ファコシニアンの生活習慣病の予防効果

ファコシニアンは、古代より地球上に存在していた単細胞微細藻類であるスペルリナに多く含有しており、アフリカでは原住民の栄養源として食されて来た歴史がありますが、現在ではユーグレナと共に植物性の栄養素と動物性の栄養素を持つスーパーフードとして人気を博している成分です。人気の理由は、服用するだけで様々な栄養素をバランス良く摂取できる事にくわえて、ダイエット効果やデトックス効果、生活習慣病予防効果、アンチエイジング効果など現代人にとってとても有益な効果が期待出来ます。又、ファコシニアンを豊富に含むとされるスピルリナは、経口服用後2時間で約95%の栄養素を消化吸収する驚異の生体利用能を誇っています。ファコシニアンは、非常に強い抗酸化力で体内の細胞を酸化させ老化させてしまう過剰なフリーラジカルの働きを抑制する効果でアンチエイジング効果を示します。

一般的にフリーラジカルは、反応性が高く、すぐに他の物質や組織で酸化還元反応を引き起こしまいますが、1、1-ジフェニル-2-ピクリルヒドラジルと呼ばれるDDPHラジカルはフリーラジカルの中で最も安定的なフリーラジカルの1つとされ排除され難いとされています。フィコシアニンは、DDPHラジカルに対して強い抗酸化作用を示し、内在性脂質過酸化物の蓄積量を軽減する事で血清LDLコレステロール及び中性脂肪を低下させる作用が期待出来ます。その結果、生活習慣病の予防及び症状緩和に役立つ栄養成分です。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*